無財の七施 7 『房舎施(ぼうじゃせ)』

仏教の最も大切な修行として「布施」があります。
「施しは無上の善根なり」と言われております。

施しとは、お金や物などを必要としている人に
心からささげることですが、お金や物が
なくてもできることがあります。

無財の七施 7 『房舎施(ぼうじゃせ)』

「房舎施」とは雨風をしのぐ場所を与えることです。
今の世の中、見知らぬ人を自宅でもてなすことは
難しいでしょう。

しかし、軒下など雨風をしのぐ場所を提供する
ことや、雨の日に相手の方をを傘に入れてあげる
ことなどはできるのではないでしょうか?
(コロナ禍の今は難しいですが・・・)

7回に分けて「無財の七施」についてご説明
させていただきました。

「無財の七施」の実践により、自己を高め
人々の心を和ませ、周りの人たちと仲良く、
安らぎの中で幸せな日々を送れることでしょう。

南無大師遍照金剛
合掌
人生相談ができる太田市の祈祷寺
真言宗 慈明寺

TOP